障がい者の自立支援を応援します。

ファインファイバは、合成樹脂と最適な繊維を混合したバインダ(接着材)である。特殊な製法によって、合成樹脂の利点である耐久性・耐薬品性・耐水性を保持しつつ、優れた強度を実現した。このため、さまざまな用途での使用が可能になり、産業廃棄物等のリサイクル骨材にも問題ない。 性能や機能とともに経済性も追求したこれからの時代が求める環境保全にもっとも役立つ新素材繊維化合成樹脂材である。

特徴

1.今までの樹脂材とは、全く違った方法で製造した繊維化合成樹脂(セラミック繊維)である。繊維で固めるので、砕石路盤に直接施工ができる。
2.この樹脂材で固めた舗装道は、雨水が路盤(土)に染み込む。
3.吸音効果もあり、防草効果もある。
4.この合成樹脂は、いろいろな産業廃棄物を材料にして舗装道に生まれ変わることができる。
   例えば、廃プラスチック間伐材(ウッドチップ)・ホタテ貝・もみ殻・生ゴミ(溶融スラグ)など。
5.樹脂材の安全性は、上下水道などに使用されているエポキシ系樹脂を使用しており、安全性は非常に高い。
6.工事の時間(養生時間)は、常温で約三時間で歩行可能になる。
7.表層面3cmの厚みで車が通行できる。

施工

施工方法は簡単です。施工面積や規横により異なりますが、透水性舗装材の製造・施工において特別な設備・施工機材は必要としません。


透水性コンクリート、樹脂舗装との比較

曲げ強度は透水性コンクリートの約3倍です。他の舗装材と比べて、耐久性、経済性など優れています。


強度・安全性試験

性能の高さが実証されています。

透水性舗装材に求められる空隙を多く持つ構造でありながら、表面強度・曲げ強度に優れ、舗装材として十分な強度を長期的に保持します。 長期間に保持します。




環境と福祉を新しい視点で発想し、特に子供・お年寄り、障がい者に優しい街づくりをご提案いたします。


透水性舗装

当社が独自開発した透水性舗装材は、地球のかけがえのない水資源である「雨水」を地中に浸透・還元させ、 「ヒートアイランド現象」を緩和し、地下浸透により草木の成長をうながし、環境改善に貢献する舗装材です。

すべらんぞ~(防滑コート)

高耐久、耐摩耗性が非常に高い、床面や路面の強力な滑り止めコート 滑り止めの効果は、10年以上を持続。公共施設やお店、工場、公園で、人の足下に優しい気配り。

ウィンドフィルム

プライバシー保護や紫外線、赤外線など人体的な影響の軽減、ガラスが割れた時の飛散防止など安全面で効果を発揮します。

パブリックブリッジ

パブリックブリッジは現場施工型透水性防滑方により生み出されたグレーチングのことです。 グレーチングの機能をそのままに、開口部を塞ぎ、防滑機能に優れ、排水機能を兼ね備えた透水性グレーチングです。 10年以上の実績があり、経年劣化を感じさせません。車が載っても大丈夫

シールサンド(撥水砂)

シールサンドは、油を吸着し、水を弾く、超撥水性の砂です。乾燥地の土壌回復や砂漠緑化で威力を発揮し、 深刻化する塩類集積などの環境問題や食糧問題の解決に繋がる。

クエストについて

クエストは、安全な生活環境と住みよい街づくりに貢献、推進いたします。